逆 説 幸 福 論

水のように考えること

ある種、日本の文化でもある『本音と建前』という言葉通り、日本人が出逢ったばかりの相手と本音で語り合うことはそうそうない。自らの意見や要求を押し出す欧米諸国と比べると、なおさら顕著にその性格の違いが現れる。

ということは、そもそも日本人が考える本音と、欧米やその他の諸外国が考える本音は似ているようで違っている。本音をズバズバ主張しがちな外国人に比べて、我々の本音というのは、言ったことよりも、言わなかったことのほうに多分に存在する。そう、打ち解け合っているように見えていても、それイコール気心が知れているとは、必ずしも限らないのである。

まあ、相手がどう思おうが、自分が良ければそれでいいんですがね。本音を言えばね。

不要。

世の中は不要なものや、不要なことであふれ返っている。着れなくなった服や、それを買ったときについてきた予備のボタン。元カレからもらったぬいぐるみ、溜まりに溜まった明細や、聴かないカセットテープにMD、やらない健康器具に、大きく横に進化した奥さん(?)。自問自答を繰り返す暇もなく、不要なものはどんどん増えていく。


しかしそんな要らないモノは結構要るものだったりする。要らないモノがあってはじめて要るものが認識されるからである。つまり、「不要」ということは人類にとって絶対に必要不可欠なものなのである。

まあ、こんな分析が一番不要なのかもしれないが。
 

育児や仕事、ローンの返済、渋滞に満員電車、家事やご近所トラブルに、大事なプレゼンの前にもかかってしまう神経症、そう、ノイローゼ。健康な人でも一時的、または突発的になることもあり、経験者も少なくないだろう。私の場合はお酒がイッテキも飲めないので、上司との飲み会の前はよくお世話になっていた。ただのユーウツか。

もちろん、抱えている人たちの苦境は、そうではない人には計り知れない。でもそんな暗い話題こそ、思い切って見方を変える必要があるのだ。

例えば、仕事が毎日忙しくノイローゼになる。でも周りから見れば、とてもよく頑張っている企業戦士に見えたりする。夜泣きがうるさく育児ノイローゼにかかるおかあさんも同じ。世話の焼ける子なのに一生懸命だね、と褒められようものなら、また余計に頑張ってしまう。

つまりノイローゼの問題は、ある人がノイローゼを抱えていても、それを知らない人からすれば、見方によっては美しく見えてしまうこと。そして、そんなに神経質になってしまうのは、その人がそのことについてしっかり正面から向き合っている証拠、だったりするのだ。

こうなったら思い切って自慢するくらい、開き直ローゼ?

このページのトップヘ