大きく分けると人間は、喜、怒、哀、楽、この4つの感情によって動いている。もしくは動かされている。

しかし、その枠にハマらない感情になるとき、そんなときは少なくない。そんな少なくない感情になったとき、人はよくこう言う。「言葉では言い表せないほどだ」、と。

言葉では言い表せないほど美しいものを見たとき、言葉では言い表せないほどおいしいものを食べたとき、言葉では言い表せないほどがっかりしたとき..。

だが、「言葉で言い表せない」のであれば、たったいま、言葉で言い表したものは一体なんなのか。言葉で言い表せない感情なはずなのに、言葉で言い表せてしまっているじゃないか。

言葉で言い表せない感情は、言葉では言い表せないとも、言葉で言い表せるとも言えないとってもとっても不思議な感情。

どれくらい不思議かって?

そりゃあもう、ものすごく不思議。とてもじゃないけど、言葉じゃ言い表せない。