逆 説 幸 福 論

水のように考えること

タグ:テスト

とある中学校のとある中間テスト。そこにありそうでなさそうなハプニングが発生。なんとクラスの全員が0点を取ったのである。

というのも、全員が問題を勘違いして解答。その問題は英作文で『夢について書きなさい』というもの。問題の意図する『夢』は睡眠時に見る夢。しかし生徒は勘違いし、各々の『将来の夢』を書いてしまった。

テスト前に夢に関する授業は行っているので先生に非は認められず、本来なら間違いとするところなのだが、なんせ全員が間違えたことにより生徒は一斉に反発、問題の説明不足を訴えた。

これには先生もお手上げ。結局、問題そのものが変えられて生徒の0点は帳消し。『将来の夢についての英作文』として再評価されたのである。めでたしめでたし。

全員が不正解ならそれが正解。これが世の中の正解なのである。

 

セルフハンディキャッピングとは、自分自身にハンディキャップを設定することで、失敗のショックを抑えたり、成功の喜びを増大させること。

例えば、テスト前に「俺、全然勉強してねーやー」と周囲に公言する。 そうすることで悪い点を取った時のショックは減少し、逆に思ったより良かった時の喜びは増大する。これは自分の勝利や成功に確信がない時に行う人間の心理的傾向で、『風邪』や『ケガ』『睡眠不足』などを理由に予めハードルを低く設定し、結果がどちらに転んでもプライドが傷つかないようにするためである。

しかしあまり使い過ぎるとクセになり、やがてハンディキャップなしでは生きていけなくなるんじゃないですかね。まぁ、これはあくまで聞いた話なのでそんなに正確ではないですし、それに私の説明もすごく下手なので、皆さんに伝わったか定かではありませんが..

あ~なんか熱っぽいわ~.. 

 







えー、来週の月曜から金曜の間に抜き打ちテストをする。』





あなたの先生が言いました。

















さて、










何曜日にあると思いますか? 













月曜から金曜. . . 













ん〜、金曜?











いや、違う。




金曜日だと木曜の夜の時点で生徒にバレるからだ。

バレたら "抜き打ち" ではない。













じゃ、木曜. . . ?

















これもノーだ。


月曜〜水曜までテストがなければ木曜か金曜. .

金曜は既に消えているので、木曜しかない。
 
『木曜しかない。』

生徒が木曜だと知っている。これでは "抜き打ち" ではなくなる。

 


木曜も消えた。








同じやり方で水曜、

火曜、そして月曜。










全部消えた。












安心してくれ。

抜き打ちテストは無くなった。

















しかし翌週水曜日、



テストは行われた。






何で!!
















屁理屈を先生が無視して?























違う。














あなたは確かに金曜日から、順に選択肢を全部消していった。



全部消した。








"選択肢を全て消した。"










これでは結局いつかわからない。




いつかわからないテスト、

抜き打ちテスト。




あなたは自分でふりだしに戻った。



















予言者、占い師はたくさんいるけど、


基本的に誰にも未来のことはわからない。







人生もあなたにいつも抜き打ちでテスト(試練)を与えるだろう。














でも、あなたはそれを自分で採点することができる。


















だってその答えはあなたが持っているから。




















*お知らせ
『逆説幸福論』facebookページを開設させて頂きました。
アップデート情報をタイムリーにお伝えすることが可能です。今後ともよろしくお願い致します。

banner (6)


このページのトップヘ