逆 説 幸 福 論

水のように考えること

タグ:宇宙


太陽を挟んで地球のちょうど反対側には地球そっくりの惑星がある。

その惑星は太陽と同じ速度で進み、太陽と同じ軌道で回る。常に太陽の反対側に位置し、ずっと太陽に隠れているので地球に住む我々はそれを決して見ることはできないという。果たして人間は地球の裏側にあるその惑星の存在を証明できるのか。



裏側。真反対。例えば、今あなたの目の前にあるそのスマートフォンやパソコン。その柱やそのドアの向こう側。その裏に本当に裏があるか証明できるか。 

反対を向ける、ひっくり返す、裏側に回る、ドアを開けて確認する。そうすると今度は表側が見えない。というよりももう既にさっきの表が裏側化している。



裏の反対は表。下の反対は上。苦の反対は楽。嘘の反対は本当。そして成功の反対は失敗。

いや、違う。成功の反対は『諦め』。失敗するのが悪いのではなく、失敗から学ばないのが人生を狂わすのだ。


そう、諦めなければ必ず輝けるはず。

常に太陽に顔を向けていれば影を見ることがないように。




今も果てしなく膨張するこの広い宇宙。

しかしそんな宇宙もいつの日かその膨張を終え、収縮を始めるという。収縮を続けた宇宙はやがて点に。そして爆発。爆発した宇宙は再度膨張しまた収縮→点→爆発→膨張→収縮 . . . このサイクルを50回ほど繰り返した宇宙に今我々は住んでいるのではないか。


絶えず膨張を続ける宇宙に浮かぶ星たち。我々が見ている星々の光はもう何千年も前に放たれた光だという。そう、今見ている星の光はずーっと昔のもので、もう既に存在しない星もある。きっとつのだ☆ひろの☆も何万光年も前のもので、彼はもう存在しないのかもしれない。

ということは、新しい星ができたのにまだ人間には見えていない星もあるはず。そう、できたてホヤホヤの星はどれだけ頑張って光を放ってもまだ私たちには見えていないのだ。


あなたの努力もそんなものかもしれない。報われるのはずっとずーっと先で、もしかするとあなたがこの世を去ってからなのかもしれない。

しかしその頑張りを、あなたの傍にいる、周りの星たちは決して見逃してはいないはず。

既にあなたは光り輝いている。




メリジェ~ン、フフフ~ン、フフン♪
banner (6)


ホログラムとはレーザービームでプリントした画像で、ホログラフィーとはその技術である。よく紙幣やクレジットカード上に目にするあのキラキラしたやつである。

私たち人間がモノを見るときは物体から反射する光を見ていて、そしてそれが脳に伝わり立体的に対象を認識する。ホログラフィーはその物体が放つ光の状態を再生し実際には存在しない物体があたかもあるように見せてしまうもの。



もしかして宇宙もそれじゃないか?

宇宙は三次元でも果てしなくも壮大なものでもなく、紙幣に印刷されたホログラムのように実はぺらっぺらなんじゃないか?



所詮人間が行ったことのある宇宙なんぞたかが知れている。私たちは神かあるいは何者かによってダマされているのかもしれない。どこかに赤ジャケ着て『大成功!』の看板持った人が待ち構えているはず。


色即是空。全ての形あるものや色はそれ自体では存在せず、互いに依存する関係の上に成り立っている。そう。万物は意識でできており、あなたも誰かしらの意識によって存在している。あなたが好きな人、そして嫌いなヤツ、そんな人たちでも、この世にいなければ今のあなたは存在しなかった。


失敗したっていい。

行動を起こさなければあなたは誰にも気づかれず、ぺらっぺらに踏みつぶされるだろう。


タッタラー♪

banner (6)



なぜ夜空は暗いのか?

知っていますか? 


アホか。太陽が昇っていないからだよ。


太陽が昇っていれば明るい。太陽が昇っていないと暗い . .  ホントですか? あんなに星がたくさんあるんですよ? 果てしない宇宙に星が無数にあるのなら、夜空は星の光で輝くことにならないんですか?


ん?どゆこと?


例えば今あなたは深い深い森の中にいるとする。木々に囲まれている。見渡せば一本一本は細い木でも、全ての方向が木で埋め尽くされ、まるであなたは木の壁に囲まれているよう。

夜空にも同じ事が言えるのではないか? 空のどの方向を見てもその視線はいつかどれかしらの星の表面に当たるはず。ましてや星は木と違いまばゆい光を放っている。そう考えれば夜空は星に埋め尽くされ、真っ白に輝くはず。


ん〜言いたい事はわかったけど . . 空見てみろよ。実際はそうじゃない。


 え . . . (汗)


そうなんです。残念ながらそうじゃない。ビッグバンによって生まれた宇宙は、実はそれ以来ずっと成長している。もの凄い速さで成長している。だから星たちはいくら頑張ってもその光を私たちのもとに届けることはなかなかできないのです。

夜空が暗い理由、それは太陽が昇っているからではなく、宇宙はとても頑張り屋さんで、生まれて以来ずっと成長し続けているから。




宇宙から見れば地球なんて芥子粒よりも小さなもの。その芥子粒に住んでいる私たちなんて塵のようなもの。そんな塵たちが抱えている不安や悩みなんて、そんなのもう存在しないことと同じだろう。

オリオン座流星群ピークの今宵。たまには立ち止まって、ほんの少しだけ、

夜空、見上げてみませんか?



banner (6)


生命は地球上で進化したのではなく、宇宙から降ってきた遺伝子がもとになって組み立てられたのではないか。

つまり、宇宙空間には生命の種が広がっていて、地球上の生命は元々宇宙からやってきたのではないか。



ただの空想? SF小説? ファンタジー? オカルト野郎? やかましいわ。

いや、違う。

なぜなら宇宙から飛来する隕石の中には多くの有機物が含まれ、水性中の塵にもアミノ酸や生命を構成するものの存在が確認されている。そう、あり得ないとは言い切れないのである。


もしそうなら人間の先祖はエイリアンか。E.Tはト . .モ . .ダ . .チというよりシ . .ン . .セ . .キだったのか。盆の墓参りにはどこに行けばいいのか。マズい、大槻教授に見つかる前に江原さんに『phone home』しよ。



E.T . .オウエン . .スル

banner (6)



昨日あなたが寝ている間、

宇宙にある全てのモノの大きさが2倍になった。




あなたは信じないだろう。『バカバカしい』と鼻で笑うだろう。第一、もしそうなら気づくはずだ。 

でも、何に 『気づくはず』だ ? . .  何に一番はじめに気づくだろう? あなたのテレビも冷蔵庫も、愛猫や、そのかわいいミニチュアダックスフント君でさえ。そして何よりあなた自身も2倍になっているのに . .

しかし気をつけてほしい。ツタヤのポイントは2倍のままである。4倍にはなっていない。


ちなみにミスドも半額のままである。これ以上安くはならない。言っておかないと私への苦情が2倍になってしまう。そうすればどこか郊外へ逃げないといけなくなる。これを『大木のドーナツ化現象』と呼ぶことにしよう。



全ての大きさが2倍。

きっとあなたが今恐れているものに対しての恐怖心も2倍になったかもしれない。でもあなたの勇気も2倍だ。


恐怖は逃げれば逃げるほど大きくなり、立ち向かえば小さくなる。

今、恐怖心と立ち向かえば、昨日のあなたはもう今日のあなたには敵わない。



倍率ドンッ!

banner (6)






『どうして夜は暗いの?』















知ってますか? 














バカだなー。

太陽が昇っていないからだよ。















太陽が昇っていれば明るい。

太陽が昇っていないと暗い。
















ホントですか?





















あんなに星がたくさんあるのに?



"宇宙に果てがなく星が無数にあるなら、夜空は星の光で輝くことにならないの?"













ん?どゆこと?












例えば、

今、あなたは深い深い森にいるとする。


見渡せば、一本一本は細い木でも、全ての方向が木で埋め尽くされ、まるで壁のようだ。










夜空にも同じ事が言えるのではないか?




空のどの方向を見てもその視線はいつかどれかの星の表面に当たるはずだ。

ましてや星は木と違いまばゆい光を放つ。



そしたら夜空は真っ白になるはずだ。



















言いたい事はわかったけど . . .





空見てみろよ。


実際はそうじゃない。

















 . . . 


実はこの逆説、既に証明されちゃっています。















実は、


宇宙はビッグバンによって生まれ、それ以来ずっと成長している。




もの凄い速さで成長している。

だから星たちはいくら頑張っても、その光はなかなか私たちのもとに届かない。













夜空が暗い理由、それは太陽が昇っているからじゃない。




宇宙はとても頑張り屋さんで、

生まれて以来ずっと成長し続けているからなんだ。









宇宙が頑張ってくれてるから、ボクたちはいつもあんなに美しい夜空を見る事ができるんだ。






成長すれば輝く。


こんなに身近に先生がいたなんて。






*お知らせ
『逆説幸福論』facebookページを開設させて頂きました。
アップデート情報をタイムリーにお伝えすることが可能です。今後ともよろしくお願い致します。

関連記事『昨日、宇宙は2倍になった。』


banner (6)






昨日、あなたが寝ている間に宇宙にある全てのモノの大きさが2倍になった。










あなたは信じないだろう。バカバカしいと思うだろう。


第一、もしそうなら気づくはずだ。 

 





" 何に "気づくはず" だ ? . . .


何に一番はじめに気づくだろう?











あなたのテレビも家具も台所も、


そしてあなた自身も2倍になっている。







あなたの細胞、歩幅、肺活量 . . . 何もかも。








きっとあなたが今恐れているものに対しての恐怖心も2倍になったかもしれない。
























でもあなたの勇気も2倍だ。











今、恐怖心を忘れれば、昨日のあなたは、もう今のあなたに敵わない。





banner (6)

このページのトップヘ