逆 説 幸 福 論

水のように考えること

タグ:現実

『もしも6億円当たったら』『もしもイケメンにデート誘われたら』『もしもトップモデルになれたら』..。

我々が妄想をするとき、それがあまりにも浮世離れしていれば、周りからは現実から逃げようとしている、いわゆる現実逃避をしていると心を疑われる。しかし実際の発明や革命、現実世界にある画期的な全てのアイディアの第一歩は、そんな『もしも』から始まっている。

逆を言えば、現実に使えるアイディアを生み出す『妄想』を否定している者こそ、妄想から逃げている、つまり一番現実から逃げていたりするのである。

そんな人には『妄想逃避』と揶揄返してやろう。


 

釣り合い仮説とは、男女が理想の相手よりも自分と釣り合った人をパートナーに選ぶこと。

人は基本的にイケメンや美女、容姿端麗な人物を自分の理想に掲げるが、そんな憧れの人から自分を否定されればショックも倍増してしまう。なので、いざ自分のパートナーを選ぶとになると、無意識に自分と釣り合いそうな人を選ぶ傾向にある。

よく「理想と現実は違うのよね~」などと言っているが、 それを選んだのは誰でもない、自分自身なのである。
 
発言と行動が、全くもって釣り合ってないのだ。




妄想は必ず現実になる。

いま自分が現実で思い浮かべたこと、妄想したこと、もしそれがその瞬間この広い宇宙のどこかで、あるいはその向こう側で現実に起こっている。としたら。 


それを聞くと、多少なりとも自分の妄想に責任を持とうとする人間。その逆で余計めちゃくちゃな世界を創る人間。そしてそんな人間たちがいるこの世界も、誰かが思いつきで創った世界の一つに過ぎないのかもしれない。


事実は小説よりも奇なり、ならば妄想の世界なんぞありふれた現実か。

そう。想像力は世界を支配し、そして現実にする。


運命の舵を取るのはあなた自身。

あなたならどんな現実、創りますか? 




人生の操縦士は妄想重視っ

banner (6)


皆さん。皆さんは見た夢の内容って覚えていますか?

え?あまり夢を見ない? いいえ、ヒトはみーーんな毎日見てるそうですよ、夢。覚えていないだけらしいです。


さて、そんな皆さんは蝶の夢見たことありますか? いえ、蝶野の夢じゃありません。蝶の夢です。でもどっちでもいいです。蝶でも蝶野でも。重要なのはそこじゃありません。


続けます。

自分が夢の中で蝶か蝶野になってひらひらと大空を舞ったことはないでしょうか? そして目が覚める。夢見ていたことに気づきますね。

でも、もしかしてそれ、あなたが目を覚ましたのではなく、蝶があなたの夢を見始めたのではないでしょうか? 今あなたが見ているこの世界は、所詮、どこぞの蝶が見ている夢に過ぎないのかもしれません。


その証拠に夢の中のあなたは蝶になりきって羽ばたいていましたよね。おそらく自分が蝶だということを疑わなかったはず。あなたが今現実だと思っているこの世界も同じ。あなたは自分が人間であることを一切疑ってはいませんよね。つまり、人間になりきっている。なんら違いはないのではないでしょうか。


え?夢では痛みを感じない?  

私は夢の中でも痛みを感じたことは何度もありますし、逆に麻酔や寒さで手がかじかんだ時など、現実で痛みを感じなかったこともあります。それにもし私たちが現実で死んでしまったら、な~んの痛みも感じないじゃないですか。痛みを感じないのはなにも夢の世界だけではないですよね。だから覚醒状態と睡眠状態の違いを証明するものなんてないんです。 




人生もまた一夜の夢のよう。楽しい夢もあれば、悪夢を見ることだって。

そして何故かうまくいっているときは楽しい夢を見やすく、落ち込んでいるときは悪夢を見やすい。



そう。夢は現実の投影であり、現実は夢の投影。 

ならあなたが現実で、


蝶のように、羽ばたくこともできるはず。





banner (6)



現実の揺らぐ話をしましょう。



自分が蝶になって、ゆうゆうと花と花の間を飛び回る夢を見たことはありませんか?

















そうでなくとも、似たような夢を見た方は少なくないと思います。



 


























ちょっと待って下さい。

















それ、































蝶があなたの夢を見ているだけ。














な、ことありませんか?


 






















そもそも覚醒状態と睡眠状態の違いを証明するものなんてないんです。

私たちは夢と現実すら区別できない生き物なんです。




え?夢では痛みを感じない?


私は夢の中でも痛みを感じたことは何度もありますし、逆に麻酔や寒さで手がかじかんだ時など、現実で痛みを感じなかったこともあります。それにもし私たちが現実で死んでしまったら、な~んの痛みも感じないじゃないですか。痛みを感じないのはなにも夢だけではないですよね。



え?感覚でわかる?


人間の感覚なんてアテにできません。私はこれまでにも何度もダマされてきました。 感覚に頼り、塩加減を間違えたこともありますし、感覚に頼りカーナビを使わずにいたら道を間違えたこともあります。 かわいい女の子に直感でついていったらぼったくりバーだったこともあります。そのときばかりは『夢だったら良かったのにー!!』 . . って. .


失礼。

これらは全て私の体験談ですが、皆さんにもご自身の感覚を信じて、裏切られた経験はきっとあるはずです。











どうですか?

少し揺らいできましたか? 現実。






そうです。


私たちは蝶の夢を見ている人間かもしれないし、

人間になった夢を見ている蝶かもしれないのです。













でも、





一つだけ、





たった一つだけ、












証明できることがあります。

























こうやって『考える』という行為ができるのは、


私たちが、今ここに存在しているからじゃないですか?






そうです、




考えることは、私たちが存在している証なのです。




考えることは、この世界に存在することなのです。


















あなたが考え続ける限り、






誰にもあなたの存在は否定できないのです。












どんな世界にいようとも、





あなたが意志を持つ限り、











あなたは絶対に死なないのです。





















*お知らせ
『逆説幸福論』facebookページを開設させて頂きました。
どうぞお気軽に遊びにおいで下さい。今後ともよろしくお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
『クリック』→『ランキング反映』です。
よろしくお願い致します!!

このページのトップヘ