逆 説 幸 福 論

水のように考えること

タグ:社会

幸か不幸か、世界には様々な格差がある。収入や地位、知名度や生まれや育ちにまでも格差がある。そんな格差を埋めるべく、世界では様々な支援活動が行われているが、そんな温かい光景の中にも、パラドックスは抜かりなく潜んでいる。

例えば『貧富』という格差。この格差を埋めるには本人の努力以外に何が考えられるか。仕事を与えてもいいのだが、それではちと時間がかかる。加えてそういう仕事にさほどの高収入も期待できない。ならば、だ。手っ取り早くお金をあげればいいのである。

優しい。いや、易しい。二日酔いの朝のおかゆくらいやさしい。いや、貧血で倒れた時の保健室の先生くらい、いや、エスカレータ式の高校くら、あ、いや、失礼。少々脱線してしまった。が、そう、こんなナマやさしい答えなら誰でも思いつく。ゆえに正解ではない。 

というのも、貧乏人にお金を与えれば、ギリギリ貧乏じゃない、または本当に貧乏な人から見れば十分裕福か、今度はそんな境目に立っている人たちが一番苦しい生活を余儀なくされる。つまり、貧乏人に金銭を与えるだけでは何の解決にもならず、むしろ事態を悪化させてしまうのである。

そう、世の中はそんなにやさしくない。


あるところで格安の鉄道会社が開通し、運行を始めました。

なんと初乗り100円でどこまでもいけるという破格っぷりで、利用客はどんどん増えていきます。格安の理由は人件費を削るために全ての駅を無人駅にしたことや、防犯カメラ、改札をなくしたこと。それ以外は何ら普通の駅と変わりません。

しかし、そうすると何かが起こりますね。そう、無賃乗車、『ただ乗り』です。「誰も見ていないんだからいいだろう」と、運賃を踏み倒す人が後を絶たなくなります。

しかし鉄道会社も黙っていません。ある作戦を決行します。ただで通り抜けられないように自動改札機を導入したのです。さらに防犯カメラを付け、おまけに全駅に駅員を配置したのです。あれ?って、いつもの駅じゃん。

ただ乗り犯がした行為は無賃乗車のみではなく、立派な『裏切り行為』。みんながルールを守る中、自分だけ身勝手な行動を起こすと全体の機能は停止、やがてそれは自分に跳ね返ってきます。そう、結局ただじゃ済まされません。
 
 

このページのトップヘ